熱血先生はたようじ 波多洋治 BLOG

波多洋治(はたようじ)ウェブサイトはこちら

<<記事一覧に戻る

2018年04月20日 4月20日(金)~21日 都道府県議会 議員研修会出席のため東京へ

20日(金)、岡山空港から羽田へ。都道府県議会 議員研修会出席のため「ザ・プリンスパークタワー東京」へ向かいました。
来春の統一地方選挙の勝利に向け、党本部と自民党県会議員が連携することを確認し、憲法改正を見据えて、どのように取り組むのかなど、自民党の重点政策を共有するべく開かれた研修会でした。この日トランプ大統領との会談を終えた安倍首相が、成田空港から会場に直行され45分間の時局講演を行いました。
 
夜は、小学3、4年時を担任した東京在住の教え子たちのほか、フジテレビでディレクターをされている市川さんを交えた食事会がありました。美味しい料理とお酒をいただきながら、懐かしい思い出話に花を咲かせ楽しい時間を過ごしました。
 
じつは、この食事会にご参加いただいたディレクターの市川さんとは、この時が初対面でした。なにゆえ初対面でありながら、共に食事をすることになったのか―――。
 
それは、遡ること2ヶ月前。
フジテレビの朝の情報番組「とくダネ!」のディレクターを務める市川さんほか、記者など数名のスタッフの方が、突然事務所を訪ねてこられたことに端を発します。
市川さんたちの来訪主旨は、私が以前県に提出した、婚活事業の視察のため愛媛県を訪れた際の研修報告書が、他の県議2名との連名であったことがおかしいのではないか、その件について取材したいというものでした。
あいにく事務所に居なかった私は、電話で「そもそも婚活事業に公費で取り組むべきだと最初に県議会に提議したのは自分である、3名で同じ場所を見て同じ説明を受けたのだから、連名での報告のなにが問題なのか、活動費の使い方を問う目的だとしても、なんら疑念を抱かれるようなやましいものではない」と、ていねいに説明しました。
それから数時間後、市川さんから電話があり、私の説明は十分に納得できるものであり、番組内で放送を予定していた特集は中止する旨を伝えられました。
私はその対応に感謝し「これも何かのご縁です。たまたま近く上京予定があるので、もしお時間があれば一度直接お目に掛ってお話したいです」と、返したいきさつがあり、この日の楽しい食事会へとつながったのでした。
 
2日目の21日(土)は、安倍首相主催の「桜を観る会」が新宿御苑で催されました。
広い御苑内は溢れるばかりの人の群れ。そして眼前に広がるのは、満開の桜ならぬ、真っ盛りの葉桜でした。
 

<<記事一覧に戻る