熱血先生はたようじ 波多洋治 BLOG

波多洋治(はたようじ)ウェブサイトはこちら

2019年05月29日 岡山県議会副議長の歩み

平成30年5月15日 臨時岡山県議会、新しい年度の正副議長外議会人事を決定する重要な議会。図らずも、自由民主党並びに公明党のご推挙をいただき、岡山県議会第69代副議長に選任されました。

以来副議長として県議会と岡山県民を代表して、各種団体の総会行事を始め、各種イベントにおいてご挨拶するという立場に立たされたのであります。開会の事前に相当の時間をかけて、各種資料によって逐一会の趣旨目的について調査するとともに、聞く人にも感動をという思いで一年間取り組んでまいりました。社会が様々な団体により複雑に交差する実態を知るとともに、行政の守備範囲がいかに広くて、広角な視点が必要なことを痛感させられたのであります。議会を代表する「副議長」という立場であればこその体験をすることができました。

一年間の歩みをまとめましたのでご覧ください。改めて、選任させていただいたことに感謝を申し上げます。

岡山県議会副議長の歩み -平成30年5月~7月-

岡山県議会副議長の歩み -平成30年8月~10月-

岡山県議会副議長の歩み -平成30年11月~平成31年1月-

岡山県議会副議長の歩み -平成31年2月~3月-

>>記事の一覧はこちら

2018年05月15日 岡山県議会・副議長に選出されました 

5月になると、毎年新年度の議会人事が動き出します。
自民党が最大会派である岡山県議会では、自民党案がまとまるということは、すなわち議会で採択されるということになります。次期議長・副議長候補について自民党内での協議が始まりました。議長候補には、現在5期目の高橋戒隆議員が挙げられました。そして、副議長候補には、図らずも波多の名前が。
「県政会」という派閥(政策集団)で、政治のいろはを教えていただきながら県政に励んで早15年。私は4期目ではありますが、年長者ということで「県政会」よりご支持をいただき候補に挙げていただきました。
 
5月15日(火)に臨時議会が開催されました。
現議長・副議長の退任ののち、ただちに正・副議長選が行われた結果、高橋議員、波多ともに41票を獲得し、第69代正・副議長に選出されました。
もとより、浅学非才、未熟者ではありますが、身の引き締まる思いで副議長当選の告知を受けました。就任あいさつでは、「副議長は名誉な職ではありますが、決して“名誉職”ではありません。より積極的に行政改革、教育改革に取り組み、県政のさらなる発展と福祉向上に向けて微力ながら全力を尽くしたい」との思いを述べました。
 
翌16日(水)には、地元山陽新聞をはじめ、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、産経新聞、中国新聞など新聞各社のほか、テレビでも報道され広く県民のみなさんの知るところとなりました。また、山陽新聞ではズームアップ欄でも取り上げていただきましたので、併せてご紹介しておきます。

>>記事の一覧はこちら

2018年03月09日 3月9日(金)一般質問にて第53回目の登壇

一般質問最終日。第53回目となる一般質問に立ちました。
今回の質問内容の主なテーマは次の3つです。
まず一つ目は政党機関誌等の購読に関して。
先の9月20日でも同内容について質しましたが、引き続き執行部の姿勢を問いました。
 
2つ目は、結婚支援事業に関して。
官民が協力体制をとり、婚活事業を進めてほしいと要請しました。
 
3つ目は、一宮地区における果樹栽培に関して。
一宮地区を岡山の果樹栽培の中心地とすべく、インフラ整備(パイプライン)の改修事業に資金を投入し、同地区で果樹栽培に取り組む若者が、ここは果樹栽培にふさわしいと誇れるような地にしてほしいと願いました。
 
併せて、先だって「カキを食べる会」でお会いした、ヤングファーマーズの思いを背に、ソバ栽培の振興と、中山間地域を元気にする取り組みをこれからも支援してほしいとお願いしました。
また、教育長に対しては、教育再生にかける熱い思いを、現場を担う教師たちに伝えてほしいとお願いしました。
 
一般質問の詳細は、下記のURLからご欄いただけますので、ぜひご確認ください。

>>http://www.hatayouji.jp/common/pdf/20180309-2.pdf

 

>>記事の一覧はこちら

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 次へ>>

はたようじ 波多洋治

はたようじ 波多洋治

自由民主党公認岡山県会議員

昭和18年9月14日 島根県隠岐島生れ

住所/岡山県岡山市北区白石65-3

>>詳しくはこちら