熱血先生はたようじ 波多洋治 BLOG

波多洋治(はたようじ)ウェブサイトはこちら

2019年06月01日 6月1日(土)岡山市政令指定都市10周年記念式典【県政】

岡山市が政令指定都市となって10周年を迎えた記念式典がシンフォニーホールで開かれました。
私は、被表彰者として招待を受けての参加でした。岡山市空手道連盟会長として空手道の普及・発展に努めてきた功績を認められての表彰でした。
ところが、残念なことにこの式典に関する案内は、岡山市から選出されている県議会議員へは一切なかったのです。
政令都市岡山ではありますが、これまでの10年のうちには県政との連携が必要な取り組みも多々あり、そのなかで県議会議員が果たしてきた役割もあったはず。それらを顧みないような今回の対応には、いささか疑問を抱かずにはいられませんでした。
 

>>記事の一覧はこちら

2019年05月31日 5月31日(金)岡山県行政書士会定例総会【県政】

プラザホテルで開かれた岡山県行政書士会定例総会に出席し、懇親会であいさつを行ってきました。
行政書士は、行政へ提出するさまざまな認可案件の申請を担い、幅広い分野の事務的手続きを公正かつ迅速に行うことを要求される大変な仕事です。
しかし、誠に残念ながら、西日本豪雨災害のグループ補助金の執行に関しての同会の取り組みには、いささか一歩引いていた感があるように感じられます。
320億円と計上された補助金の執行は未だ遅々として進まず、一体なんのための補助金だったのか。復旧・復興のための資金がわずか数パーセントの執行額でしかないというのは何に問題があるのか…。
行政書士会の皆さんには仕事に責任と誇りを持つと同時に、職務遂行のため更なる攻めの活動を展開してほしいと感じています。
 

>>記事の一覧はこちら

2019年05月29日 岡山県議会副議長の歩み【県政】

平成30年5月15日 臨時岡山県議会、新しい年度の正副議長外議会人事を決定する重要な議会。図らずも、自由民主党並びに公明党のご推挙をいただき、岡山県議会第69代副議長に選任されました。

以来副議長として県議会と岡山県民を代表して、各種団体の総会行事を始め、各種イベントにおいてご挨拶するという立場に立たされたのであります。開会の事前に相当の時間をかけて、各種資料によって逐一会の趣旨目的について調査するとともに、聞く人にも感動をという思いで一年間取り組んでまいりました。社会が様々な団体により複雑に交差する実態を知るとともに、行政の守備範囲がいかに広くて、広角な視点が必要なことを痛感させられたのであります。議会を代表する「副議長」という立場であればこその体験をすることができました。

一年間の歩みをまとめましたのでご覧ください。改めて、選任させていただいたことに感謝を申し上げます。

岡山県議会副議長の歩み -平成30年5月~7月-

岡山県議会副議長の歩み -平成30年8月~10月-

岡山県議会副議長の歩み -平成30年11月~平成31年1月-

岡山県議会副議長の歩み -平成31年2月~3月-

>>記事の一覧はこちら

<<前へ 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 次へ>>

はたようじ 波多洋治

はたようじ 波多洋治

自由民主党公認岡山県会議員

昭和18年9月14日 島根県隠岐島生れ

住所/岡山県岡山市北区白石65-3

>>詳しくはこちら